忍者ブログ

続・ちまちまオタ日記

ガンダムだったり特撮だったり
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/11/24
10:45
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/02/27
10:37
SHTと昨日のマクロス

今日のSHTと、昨日見たマクロスの感想

ゴーカイ
オリジナルキャスト初参戦エピソード。
ちょっとへっぽこヘタレのハカセことドッコイヤーと、勇気を魔法に変えるマジレンジャーのお話。
次回予告で分かってたとおり、力を失ったマジレッドの小津魁がドッコイヤーに勇気を伝えるという内容でした。
私は(デカレン再放送がきっかけで)マジレンジャーから戦隊物視聴に入ったものですから、マジレンジャー復活ですごく嬉しいような切ないような気持ちになりました。
魁ちん成長したね・・・・一人の男というか戦士としての哀愁やらたくましさを感じてしまいました。
作品中ではもっとも学ぶべきところがあった少年が、今度は伝える側としてでてくるとねえ・・・・。
目頭が熱くなって最終的に一筋の涙を流してしまいますよ。

次回はギブケンさんメイン回なので、また楽しみ。



オーズ
美女と伊達さんと骨抜き映司。
ほとんど伊達さんのターン。このエピソード自体が伊達さんの死亡フラグっぽいと先週も言った記憶があるなぁ。(本当に死亡フラグエピソードっぽいから困る。)
美しい女性になりたいという欲望をもつ女性と、普段の姿の女性が好きだった伊達さん。
女性の前でそのことを告白しちゃうなんて、戦士としては死亡フラグの何物でも有りませんよ。
でも伊達さんってかっこよすぎません?
本編の主人公火野映司の活躍は、美女に骨抜き状態だったためほとんどギャグでしたね。
まぁそんなこともあるよね。



マクロスF―サヨナラノツバサ―感想。

TVシリーズよりも、キャラクターがちょっと大人っぽくて、ストーリーも王道いってて面白かったぞ!
映像もでっかいから迫力があって、ハラハラしたぞ!!
マクロスプラスのイサムが声だけ出演しててドキドキしたぞ!

でもなんだろう・・・・、映画を見たあとにくる悲壮感というかなんというか
ダブルオーでもゴセイvsシンケンを見たあとにもきたアレがこない
テニミュを見たあととか、レミオロメンのライブが終わったあととか、ラーメンズのTEXTを初めて見たときにきたアレがこない。
見たあとの切なさとか脱力感。
男性でいう賢者タイムがこない。

なんだろうこの物足りなさ・・・・。


なんというか面白かったんだけど、映画にある情緒的な何かを感じる意味で、不完全燃焼だったなあと思いました。
映像面に関してはハイクオリティーですごく満足できました。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら